労働のルール

会社を支える役割ができ、国家資格として注目されている社会保険労務士の講座はこちらのサイトでおすすめのところを受けましょう。
様々な問題も解決してくれる社会保険労務士は千葉にいてるんです。プロフェッショナルなスタッフが的確なアドバイスをくれるので助かりますよね。
会社での社会保険の事を相談したい。それなら社会保険労務士が大阪にあるのでぜひここのサイトからアクセスしてみてください。ここなら安心して相談できますよ。

「働く」ということが見直されようとしています。ひとの人生は働くためにあるのか?それとも人生のためにひとは働くのか?
そんなふうな、キビしい現代社会で生きていると思わず立ち止まってしまうような問題を、思わせるような出来事がメディアに取り上げられたりもしていますよね。

「誰かがその仕事に、そんなふうに取り組まなければ社会はたちまち崩壊してしまうだろう」
そんな感じの、いわゆる辛い仕事や大変な仕事はたくさんあります。
ただ、社会のほうがその人たちのことをかえりみないとなると、これは大きな問題です。当然、そういうことはなく、「ひとは生きるために働いているのだ」という前提に、この社会は立っています。
つまりは、働いている人たちの権利が守られているわけです。

そのための法律を支えているのが社会保険労務士と呼ばれる人々です。社会保険労務士は、社会の中で「労務」つまり仕事をすることに関して、正常に行われているかどうか、法律的な見地から見ていく、というのを主な仕事にしています。
たとえば就業規則にまつわるものも、社会保険労務士の仕事のひとつ。
就業規則というのは――どこかで労働者として働いてらっしゃる人たちなら誰もが知り、目を通しているはずのものですが、「就業規則」というその名の通り、その業種に就くにあたって守られるべき規則というものです。

就業規則がどういうものなのか。そのあたりのことは追々、触れていくことにして、ここではとりあえず、コレがなければ会社というものは成り立たないのだ、ということを示しておきましょう。
そして、コレを成り立たせているのが社会保険労務士である、ということを。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし